渡哲也の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

渡哲也(わたり てつや)

 

 

19411228日生

身長180

 

兵庫県出身の俳優

本名は渡瀬道彦

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の兄で、弟は俳優の渡瀬恒彦。

 

テニスプレーヤーの錦織圭は遠縁の親戚。

 

1964年にスカウトされて日活に入社。

 

1965年に主演映画「あばれ騎士道」でデビュー(宍戸錠とW主演)

 

 

同年に1STシングル「純愛のブルース」で歌手デビュー。

 

 

1966年に吉永小百合と共演した「愛と死の記録」でブルーリボン賞新人賞を受賞。

 

 

1969年に「あいつの季節」でテレビドラマ初出演。

 

1971年に倒産寸前の石原プロモーションへ入社。

 

1973年に「くちなしの花」が150万枚のミリオンセラーとなって、翌年にNHK紅白歌合戦初出場。

 

 

以降も多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「西部警察」や「浮浪雲」、「熟年離婚」など。

 

 

2005年に紫綬褒章を受賞。

 

私生活では1971年に一般人女性と結婚し、息子がいる。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 三田学園高校 偏差値63(現在)

 

渡哲也さんの出身校は、私立の男子校(当時)の三田(さんだ)学園高校です。

 

同校は1912年設立の伝統校で、当時は全寮制の高校でした。

 

渡さんは父親から団体生活で独立心を養うために、中学3年生の時に系列の三田学園中学校(偏差値63・現在)に転校させられ、同校に進学しています。

 

意外にも高校時代は不良で、ケンカなどで停学も経験しています。

 

ちなみに弟の渡瀬恒彦さんも同校の卒業生で、高校時代は渡さん以上にケンカが強くて地元では有名な存在でした。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:青山学院大学 経済学部 偏差値60(現在)

 

渡哲也さんは高校卒業後は、青山学院大学に入学します。

 

在学中は空手部に在籍して、二段の腕前でした。

 

また大学時代は早稲田大学に通っていた渡瀬恒彦さんと下宿に同居しています。

 

当時は整備士を目指しており、日本航空の入社試験を受験しますが不合格となっています。

 

石原裕次郎を見るために日活の撮影所を訪れた際にスカウトされて、芸能界に入っています。

 

デビュー当初から大々的に売り出され、以降はスターへの階段を上って行きました。

 

性格も非常に温厚で人格者としても知られており、現在でも絶大な人気を誇っています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ