宇梶剛士の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

宇梶剛士(うかじ たかし)

 

 

1962815日生

身長188

 

東京都出身の俳優、タレント

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの弟で、2歳年上の姉がいる。

 

1981年のドラマ「警視庁殺人課」で津村浩名義で俳優デビュー。

 

1982年の「制覇」で映画初出演。

 

1980年代後半から「君が嘘をついた」や「愛しあってるかい!」、「ハートに火をつけて!」などのトレンディドラマに脇役として出演して知名度が上昇。

 

 

以降は多数の作品に出演しており、テレビドラマでの代表作は「未成年」や「新選組!」、「ストベリーナイト」など。

 

「押忍!空手部」や「GTO」、「HEAT」などの映画に出演している。

 

2004年の「お父さんのバックドロップ」で映画初主演。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 拓殖大学第一高校(中退) 偏差値40台(当時)

※明大中野高校(定時制)を卒業

 

宇梶剛士さんが入学したのは、私立の共学校の拓殖大学一高です。

 

同校は部活動が盛んで、宇梶さんが在学中の頃は硬式野球部や陸上部が強豪でした。

 

このところの大学の附属高校の人気から、現在の偏差値は6168程度ありましたが、宇梶さんの在籍時は偏差値40台でした。

 

国立市立国立第七小学校から国立市立国立第一中学校を経て、同校に進学しています。

 

高校時代は野球部に所属してエースとして活躍し、プロ野球のスカウトが見に来るほどの実力でした。

 

ところが友人たちと暴力事件を起こしたことから逮捕されて、少年鑑別所に入所となります。

 

高校を中退して暴走族のブラックエンペラーに加入して、7代目の総長を務めるまでになりました。

 

 

その後は暴走族同士の抗争で再び逮捕され少年院に送致。

 

少年院で改心して、母親の差し入れで読んだチャップリンの自伝の影響で俳優を目指します。

 

出所後は明治大学中野高校の定時制に入学し直して、布川敏和さんやパパイヤ鈴木さんらと同級生になっています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

宇梶剛士さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、俳優を目指しています。

 

当初は錦野旦さんの付き人をしましたが、後に菅原文太さんに誘われて付き人を務めながら、多くの作品に出演しています。

 

20代後半の頃に出演したトレンディドラマで顔が売れはじめ、その後は数え切れないほどの映画やドラマに出演しています。

 

ほとんどが脇役での出演で、安定感のある演技力で作品を盛り上げています。

 

貴重なバイプレーヤーだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ