遠野なぎこの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

遠野なぎこ(とおの なぎこ)

 

 

19791122日生

身長164

 

神奈川県出身の女優、タレント

旧芸名遠野凪子、本名は青木秋美

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの長女。

 

1991年の「鳥人戦隊ジェットマン」で女優デビュー。

 

 

同年の「花のズッコケ児童会長」で映画初出演。

 

子役として人気が出るが、1995年のドラマ「未成年」の出演をもって女優業を休業する。

 

 

1994年に芸名を遠野凪子にして、ドラマ「嫁の出る幕」に出演。

 

女優復帰後、1999年のNHKの朝ドラ「すずらん」のヒロインに抜擢されてブレイク。

 

 

2005年の「冬の輪舞」で昼ドラ初主演。

 

 

2010年頃からタレントとしてバラエティー番組に出演が増えて、「さんま御殿」や「ロンドンハーツ」、「アウト×デラックス」などに出演。

 

 

私生活では2度の結婚をしているが、1度目は72日、2度目は55日でスピード離婚している。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 代々木高校(中退) 定時制 偏差値40(容易)

※現在は閉校

 

遠野なぎこさんが中学卒業後に進学したのは代々木高校です。

 

同校は定時制課程のみを設置していた都立高で、多くの芸能人の母校として知られていました。

 

SMAPの中居正広さんや木村拓哉さん、俳優の山本耕史さんや女優の中谷美紀さんらも卒業生です。

 

遠野さんは小学生の頃から子役として活動を開始して、川崎市立中野島中学校時代には既に人気子役となっていました。

 

ところが幼少期から母親から虐待を受けており、中学校でもイジメに遭うなど、かなり厳しい学生時代を過ごしています。

 

特に高校1年生の時にドラマ「未成年」に出演後は、精神崩壊によって女優業を休業に追い込まれています。

 

このような状態だったことから、高校は中退しています。

 

(高校時代)

 

しかしその後、「自分には女優しかない」と一念発起して復帰すると、19歳の時にNHKの朝ドラのヒロインに抜擢されて人気も全国区となります。

 

以降は数え切れないほどのドラマや映画に出演しており、中堅女優としての地位も確立しました。

 

30歳を過ぎた頃にはバラエティー番組にも進出すると、その毒舌ぶりで人気を博しました。

 

その後は女優とタレントの二足のわらじをはいて活躍しています。

 

根強い人気を誇るだけに、今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ