明石家さんまの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

明石家さんま(あかしや さんま)

 

 

195571日生

身長172

 

奈良県出身のお笑いタレント

本名は杉本高文(すぎもと たかふみ)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人兄弟の真ん中。

 

1974年に二代目笑福亭松之助に弟子入りし、笑福亭さんまという芸名で落語家としてデビュー。

 

 

その後、師匠の勧めでお笑いタレントに転向し、1976年にテレビデビュー。

 

1978年からバラエティー番組「ヤングおー!おー!」のレギュラーとなって知名度が上昇。

 

 

同年のドラマ「母の償い」で俳優デビュー。

 

1981年からビートたけしや島田紳助らと出演した「オレたちひょうきん族」で大ブレイクを果たす。

 

 

以降は「さんまのまんま」や「あっぱれさんまシリーズ」、「踊るさんま御殿」などの人気番組の司会を担当。

 

俳優としても「天皇の料理番」や「のんき君」、「男女七人夏物語」などのドラマに出演。

 

 

私生活では1988年に女優の大竹しのぶと結婚したが、1992年に離婚。

 

 

娘はタレントのIMALU

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:奈良商業高校 偏差値40程度(当時)

※現在は奈良朱雀高校

 

明石家さんまさんの出身校は、県立の共学校の奈良商業高校です。

 

奈良市立鼓阪小学校から奈良市立三笠中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学生の時は軟式テニス部に所属していましたが、1カ月間ほど相撲部も掛け持ちして奈良県大会の上位に進出しています。

 

また高校進学後はサッカー部に在籍して主力として活躍し、チームは県大会の決勝まで進んだこともありました。

 

当時は落語家を目指しており、高校3年生の卒業前に二代目笑福亭松之助さんに弟子入りしています。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

城島茂(TOKIO

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

明石家さんまさんは高校卒業後は大学などに進学していません。

 

前述のとおり落語家として弟子入りし、高校を卒業した年にデビューを果たしています。

 

しかし当時の吉本興業のマネージャーはさんまさんは落語家よりもタレントに向いていると考えて師匠と相談。

 

その結果、落語家を辞めてお笑いタレントとして再デビューしています。

 

以降の活躍は周知の通りで、その後はビートたけしさんやタモリさんと並んで、「お笑いBIG3」と呼ばれるほどの大物タレントになりました。

 

既に年齢は60歳を超えていますが、未だにMCや司会を務める番組は多く、高視聴率をとっていることでも知られています。

 

現在でも幅広い世代から絶大な支持を得ていますので、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ