タモリの学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

タモリ

 

 

1945822日生

身長161

 

福岡県出身のお笑いタレント、司会者

本名は森田一義

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの弟で姉がいる。

 

1976年に赤塚不二夫らの後押しで芸能界入りし、深夜番組「空飛ぶモンティ・パイソン」でデビュー。

 

 

同年10月からラジオ番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務め、徐々に知名度が上がる(19839月まで)

 

 

1977年にパロディやモノマネ集のレコード「タモリ」をリリース。

 

 

1982年から「笑っていいとも!」の司会を務めると、人気が全国区となる(20143月まで)

 

 

1987年から「ミュージックステーション」の2代目司会者に起用される。

 

 

以降も「音楽は世界だ」や「ボキャブラ天国」、「ブラタモリ」などの人気番組のMCや司会を務める。

 

私生活では社会人時代に2歳年上の女性と結婚しており、子供はいない。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡県 筑紫丘高校 偏差値70(現在・超難関)

 

タモリさんの出身校は、県立の共学校の筑紫丘高校です。

 

同校は福岡県内でもトップレベルの進学校で、これまで多くの人材を政財界に輩出していることで知られています。

 

タモリさんの在籍時は偏差値という概念はありませんでしたが、当時からかなりの進学校でした。

 

福岡市立西高宮小学校3年生の時に電柱に顔をぶつけた際に右目を失明していますが、めげずに活発に活動。

 

福岡市立高宮中学校時代には、剣道部と陸上部に所属するなど、スポーツは得意でした。

 

また幼い時から利発で、中学までは成績もトップクラスでした。

 

高校ではブラスバンド部に所属してトランペットを担当するとともに、生徒会の副会長も務めています。

 

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:早稲田大学 第二文学部(除籍) 

2014年に廃止

 

タモリさんは高校卒業後は、一年間の浪人生活を経て早稲田大学の第二文学部(夜間部)に進学しています。

 

同学部は夜間部の割にはレベルが高く、ピーク時は60程度の偏差値でしたが、2014年に廃止されています。

 

タモリさんは無線に興味あり国立大学の電子通信大学を目指しましたが、苦手の物理が克服できずに同大に進学しています。

 

大学在学中はモダンジャズ研究会に入り、マネージャーとして活躍しましたが、3年生の時に学費滞納を理由に大学は除籍となっています。

 

大学を辞めた後は朝日生命で保険の営業マンや旅行会社の営業、ボーリング場の支配人などを歴任しました。

 

山下洋輔さんや赤塚不二夫さんらの尽力で30歳の時に芸能界デビューを果たすと、徐々に頭角を現していきます。

 

その後の活躍は周知の通りで、「お笑いBIG3」と呼ばれるほどの大物芸能人になっています。

 

既に70歳を超えていますが年齢を感じさせないほど若々しく、現在も冠番組を持つほど絶大な人気を誇ります。

 

幅広い世代から支持を受けており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ