波瑠の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

波瑠(はる)

 

 

1991617日生

身長164

 

東京都出身の女優、モデル、タレント

本名は非公開で旧芸名は南波瑠

 

以下では波瑠さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値、中学校時代・高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人姉妹の妹で4歳年上の姉がいる。

 

2004年にスカウトされ芸能事務所入り。

 

2006年のドラマ「対岸の彼女」で女優デビュー。

 

 

2007年にファッション誌「Seventeen」の専属モデルとなる。

 

 

20084月から「めざましテレビ」でいまドキ娘を担当(20093月まで)

 

 

同年に「I miss you」で歌手デビュー。

 

 

2010年の「マリア様がみてる」で長編映画初主演。

 

 

2014年の「おそろし」でドラマ初主演。

 

2015年のNHKの朝ドラ「あさが来た」のヒロインに抜擢されて大ブレイク。

 

 

以降も「お母さん、娘をやめていいですか?」や「あなたのことはそれほど」、「サバイバル・ウェディング」などの連続ドラマに主演。

 

 

「がじまる食堂の恋」や「流れ星が消えないうちに」などの映画にも主演。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:足立区立千寿第八小学校

 

出身中学校:足立区立第一中学校

 

波瑠さんは小学校・中学校ともに地元の公立校に通学しています。

 

子供の頃は非常にお転婆で、小学生の頃は男の子と外で遊ぶのが好きでした。

 

 

しかし一転して中学時代にはイジメを受けていたことを告白しています。

 

波瑠さんは中学校1年生で芸能事務所入りしており、どうやらひがみややっかみがイジメの原因のようです。

 

クラスで孤立しており、いつも保健室で過ごしていましたが、負けん気の強い彼女は決して人前で涙を見せることはありませんでした。

 

中学生の頃は既に女優活動を開始していましたが、ほとんどが役名もセリフもないような役柄で、中学3年生に出演したテレビドラマ「対岸の彼女」でエキストラのような形で実質的な女優デビューを果たしています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日本橋女学館高校 芸術進学コース 偏差値43(容易)

※現在は開智日本橋学園高校

 

波瑠さんの出身校は、私立の女子校(当時)の日本橋女学館高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にフィギュアスケート部が都内でも強豪です。

 

同校は2018年に共学化されて校名も開智日本橋学園高校に変更し、高校からの募集のない完全中高一貫校に移行しています。

 

波瑠さんは中学1年生の頃から芸能活動をしていたため、高校でも演技を学べて芸能活動がしやすい同校の芸術進学コースに進んでいます。

 

高校1年生の時に「Seventeen」の専属モデルとなったことで注目され、女優としても出演作が急増しています。

 

そのため仕事中心の高校生活だったようで、本人も高校時代に仕事で休みがちになって成績が急落したことや高校時代に戻ってもっと勉強や留学をしてみたいと自身の学生時代への後悔の気持ちを語っています。

 

(高校生の頃の写真)

 

【主な卒業生】

小野真弓(タレント)

樋口若葉(フィギュアスケート)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

波瑠さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業した年には主演映画が製作されるなど、大幅に活動範囲を広げています。

 

この頃には連続ドラマにもレギュラーで起用されるようになり、徐々に知名度も上がっていきました。

 

当初は演技力への不安が囁かれていましたが、それも本人の努力で克服。

 

そして24歳の時に出演したNHKの朝ドラ「あさが来た」で、大ブレイクを果たすことになります。

 

以降は立て続けに連毒ドラマや映画に主演するほどの人気女優となり、その後も多くの作品に出演しています。

 

女優としては下積み生活が長く苦労人としても知られていることから、今後のさらなる活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ