渡部篤郎の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

渡部篤郎(わたべ あつろう)

 

 

196855日生

身長18073kg

 

東京都出身の俳優

本名は渡部篤(わたべ あつし)

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子。

 

1987年の「独眼竜政宗」で俳優デビュー。

 

1988年の「妖女伝説88」で映画初出演。

 

1991年の「青春の門」でテレビドラマ初主演。

 

1995年の映画「静かな生活」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

 

1998年の「緑の街」で映画初主演。

 

 

同年の「ラブ・アゲイン」で連続ドラマ初主演。

 

 

以降は多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「ビューティフルライフ」や「幸福の王子」、「銭の戦争」など。

 

「ヒート・アフター・ダーク」や「いらっしゃいませ、患者様。」などの映画にも主演。

 

私生活では村上里佳子(RIKACO)と1994年に結婚するも、2005年に離婚した。

 

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:不明(中退)

 

渡部篤郎さんの出身校は不明です。

 

中野区立谷戸小学校から中野区立第九中学校(現中野中学校)を経て、高校に進学しています。

 

小学生の頃は少年野球チームに在籍して、4番を務めるなど活躍。

 

中学と高校では陸上部に所属してリレーとハードルを担当するなど、運動神経はいいようです。

 

しかし時期不明ですが高校は中退してしまっており、その後は母親の経営するバーを手伝ったり、肉体労働のアルバイトをしたりして生活していました。

 

小学生の頃から映画が好きなこともあって、エキストラの仕事をしたことが契機になって俳優を志します。

 

丹波哲郎さんが主宰していた俳優養成機関「丹波道場」に入って演技を学び、日活のロマンポルノなどにも出演。

 

渡部さんは当時を振り返って「修行と駆け出しで何でもやった」と語っています。

 

1990年代に入ると出演作が増えて、以降は多くのテレビドラマや映画に起用されることになります。

 

演技派俳優として知られ、あまたの難しい役柄で好演。

 

また映画監督としても活動しており、このあたりにも豊かな才能を発揮しています。

 

今後も多くの作品に出演するので、その動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ