石破茂の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

石破茂(いしば しげる)

 

 

195724日生

身長176

 

鳥取県出身の政治家

自由民主党所属

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父親は自治大臣を務めた石破二朗。

 

1981年に父が死去すると政治家を志し、1983年に田中角栄の木曜クラブの事務局に勤務する。

 

1986年の衆議院議員選挙に出馬して、28歳で初当選。

 

 

1993年に自民党を離党して、改革の会や自由改革連合を経て、新進党の結党に参加。

 

 

1996年に新進党を離党して、無所属で総選挙も圧勝。

 

19973月に自民党に復党。

 

2002年の小泉内閣で防衛庁長官として初入閣。

 

 

2008年に自民党の総裁選挙に立候補するも、5人中最下位に終わる(当選は麻生太郎)

 

以降も農林水産大臣や内閣府特命大臣などの要職を歴任。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:慶応義塾高校 偏差値75(超難関・現在)

 

石破茂さんの出身高校は、私立の男子校の慶応高校です。

 

同校は神奈川県内でも屈指の進学校として知られ、卒業生の多くが慶応大学などの難関大学に進学します。

 

石破さんは地元鳥取の鳥取大学附属小学校、鳥取大学附属中学校(偏差値57)を経て同校に進学しています。

 

高校時代からキャンディーズの熱狂的なファンで、中でも藤村美樹さんがお気に入りでした。

 

ファンクラブにも入会しており、バスツアーにも参加しています。

 

(前列右から2人目。田中好子さんの隣)

 

【主な卒業生】

小出恵介(俳優)

櫻井翔(嵐)

岩田剛典(アーティスト)

ミッツ・マングローブ(タレント)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:慶応義塾大学 法学部法律学科 偏差値70(超難関)

 

石破茂さんは高校卒業後は、系列の慶応大学に内部進学しています。

 

大学時代は熱心に学んで、大学2年生の時には全国学生法律討論会で第1位をとったほどです。

 

大学卒業後は三井銀行に入行しましたが、その3年後に衆議院議員だった父親が死去してしまいます。

 

元総理の田中角栄氏に勧められて政界を目指すと、28歳の若さで衆議院議員選挙に当選。

 

当時は全国最年少の国会議員でした。

 

その後はいったん自民党を離党したものの復党して、党内の要職を歴任。

 

これまで何度となく時期総理大臣候補に名前が挙がるなど、党内でも有数の実力者として知られています。

 

当選回数の割には政治家としてはまだまだ若いので、今後の活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ