中田喜子の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

中田喜子(なかだ よしこ)

 

 

19531122日生

身長155

 

東京都出身の女優、タレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

5人姉妹の末っ子。

 

1971年に「白い汽車」で歌手としてデビュー。

 

 

1972年のドラマ「お祭り銀次捕物帳」で女優デビュー。

 

同年の「仮面ライダー」で連続ドラマ初レギュラー。

 

 

1973年の「修羅雪姫」で映画初出演。

 

1975年にNHKの朝ドラ「おはようさん」に出演し、ヒロイン秋野暢子の

姉役を好演して注目される。

 

 

19794月からクイズ番組「連想ゲーム」の紅組キャプテンを務める

19883月まで)

 

 

1995年のNHKの朝ドラ「春よ来い」では、降板した安田成美に替わって

主演を務める。

 

テレビドラマの代表作は、「岸辺のアルバム」や「渡る世間は鬼ばかり」、

「ゆとりですがなにか」など。

 

他にも「クイズまるごとHOWマッチ」や「どんなMONだい」、

「ミラクル9」など、クイズ番組への出演が多い。

 

私生活では1979年に12歳年上の広告制作会社社長と結婚するも、

2007年に離婚。

 

学歴~出身中学校・高校

 

出身高校:東京都 麹町学園女子高校 偏差値52(現在・推定)

 

スポンサードリンク



 

中田喜子さんの出身校は、私立の女子校の麹町学園女子高校です。

 

同校は1905年創設の伝統校で、多くの女性芸能人を輩出していることで

知られています。

 

中田さんが在籍した当時は現在よりもレベルが低かったと考えられ、

現在の偏差値換算で40台と推測されます。

 

新宿区立四谷第一中学校から同校に進学しています。

 

高校時代は後にドラマ「なんたって18歳!」などで共演することになる

女優の岡崎友紀さんと同級生でした。

 

高校3年生の時に歌手としてデビューを飾っています。

 

 

【主な卒業生】

小林幸子(歌手)

森下愛子(女優)

白石加代子(女優)

熊切あさ美(タレント)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

中田喜子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業後は女優としてデビューをすると、立て続けに作品に起用されて

知名度も上昇。

 

22歳の時にNHKの朝ドラに主要キャストで出演したことをきっかけに

人気女優への仲間入りを果たします。

 

以降も数え切れないほどのテレビドラマに出演しており、多くの作品に

花を添えています。

 

またタレントとしてもクイズ番組を中心に活動するなど、

マルチな才能を発揮しています。

 

現在は既に60代ですが、年齢を感じさせない若々しさで人気を誇って

いますから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ