板尾創路の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

板尾創路(いたお いつじ)

 

 

1963718日生

身長177

 

大阪府出身のお笑いタレント、俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの弟で姉がいる。

 

1985年に吉本総合芸能学院(NSC)に第4期生として入所し、

同期に今田耕司らがいる。

 

当初は「ホンコン・マカオ」というコンビを組んでいたが、

1987年からNSCの同期だったほんこんとお笑いコンビ「130R」を結成。

 

 

1991年から「ごっつええ感じ」のレギュラーとなって知名度が上昇。

 

 

1996年のドラマ「Dearウーマン」で俳優デビューし、以降も「花村大介」や

「カバチタレ!」、「芋たこなんきん」などの連続ドラマに出演。

 

1997年に「マネージャーの掟」で映画初出演。

 

2008年の「桜と印籠」で映画初主演。

 

2010年の「木下部長とボク」で連続ドラマ初主演。

 

 

以降も「まれ」や「僕たちがやりました」、「フリンジマン」などの

連続ドラマにレギュラー出演。

 

私生活では1998年に8歳年下の一般人と結婚している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 柏原高校 偏差値38(かなり容易)

※現在は東大阪大学柏原高校

 

板尾創路さんの出身校は、私立の男子校の柏原高校です。

 

同校はスポーツが盛んで、多くのプロ野球選手やJリーガーを

輩出していることで知られています。

 

板尾さんは中学校ではバスケットボール部に所属するなど、

スポーツは得意だったようです。

 

しかし高校時代は荒れており、ヤンキーでした。

 

ただし高校時代の情報はほとんどなく、高校生活の詳細などは不明です。

 

【主な卒業生】

間寛平(お笑いタレント)

はるな愛(タレント)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

板尾創路さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、就職しています。

 

中華料理店の蓬莱に就職しましたが長続きせずに、その後は職を

転々としていました。

 

しかし22歳の時にお笑い芸人を目指してNSCに入学。

 

以降は地味ながらも着実にキャリアを積み重ね、お笑い芸人としての地位を

築いていきました。

 

また32歳で俳優に挑戦すると役者としても開眼し、様々なテレビドラマや

映画に出演しています。

 

お笑いタレントとしてはもちろんのこと、俳優としても評価が高いので

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ