いしだ壱成の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

いしだ壱成(いしだ いっせい)

 

 

1994127日生

身長177

 

東京都出身の俳優、ミュージシャン

本名は星川一星

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

実父は俳優の石田純一で、モデルのすみれは異母妹。

 

1992年のドラマ「悲しいほどお天気」で俳優デビュー。

 

1993年に出演した「ひとつ屋根の下」で注目される。

 

 

1994年の「ヒーローインタビュー」で映画初主演し、

「毛皮のマリー」で舞台初出演。

 

同年に1STシングル「WARNING」で歌手デビューして、

シングル6枚とアルバム4枚をリリースしている。

 

 

1995年の「未成年」で連続ドラマ初主演。

 

 

1996年の「ユーリ」で映画初主演。

 

以降も「聖者の行進」や「ピーチな関係」などの連続ドラマで主演。

 

20018月に大麻取締法違反で起訴されて2年間謹慎。

 

私生活では2003年にタレントの三宅えみと結婚し長男が誕生するも、

2006年に離婚。

 

2014年に11歳年下の一般人女性と再婚したが、201710月に離婚。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:進学せず

 

いしだ壱成さんは、高校に進学していません。

 

練馬区立三原台中学校時代にはサッカー部に所属して

活躍していますが、同校を自主退学してオーストラリアの

フリースクールに転校しています。

 

義務教育の観点からは微妙な学歴ですが、厳密に言えば

最終学歴は中学校中退です。

 

16歳の時に日本に帰国しますが、帰国後は高校などに

進学しませんでした。

 

ネット上にはいしださんの高校を東京の私立高の

上野学園高校とする情報がありますが、同校は

2006年までは女子校だったことから誤りです。

 

帰国後3歳の時に離婚して別居していた父親の

石田純一さんに再会し、その後純一さんのコンサート会場で

スカウトされ、18歳で俳優デビューします。

 

19歳の時に出演したドラマ「ひとつ屋根の下」で注目されて、

その中性的な魅力でブレイク。

 

ピーク時には連続ドラマで主演するなど、絶大な人気を誇っていました。

 

しかしその後は大麻による逮捕や女性問題によって事務所を解雇

されるなど、様々なトラブルによってメディアへの露出も

激減してしまいました。

 

最近ではかなりマイペースでの活動をしていますが、

演技力にも定評があり未だに根強い人気を誇っているので、

今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ