松山ケンイチの学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

松山ケンイチ(まつやま けんいち)

 

%e6%9d%be%e5%b1%b1%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%81

 

198535日生

身長180cm

 

青森県出身の俳優、モデル

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2001年に母親の勧めでホリプロのオーディションに応募し、グランプリを獲得して芸能界入り。

 

 

2002年ドラマ「ごくせん」で俳優デビュー。

 

 

2003年に「アカルイミライ」で映画デビューし、翌年の「ウイニングパス」で初主演。

 

 

2005年に出演した映画「男たちの大和/YAMATO」の演技が好評で、多くの映画賞の新人賞を受賞。

 

 

翌年の映画「デスノート」のL役で注目される。

 

 

2007年に「セクシーボイスアンドロボ」で連続ドラマ初主演。

 

 

その後も「デトロイト・メタルシティ」や「ノルウェイの森」などのヒット映画に主演。

 

テレビドラマでも「銭ゲバ」や「平清盛」などの話題作に主演。

 

20114月に8歳年上の女優小雪と結婚。

 

 

小雪との間に2男1女がいる。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:青森県 大湊高校 偏差値43(容易)

※その後転校し都立代々木高校を卒業

 

松山ケンイチさんは地元の大湊高校に入学しますが、高校1年生の時にオーディションでグランプリを受賞し、定時制の代々木高校に転校します。

 

むつ市立第二田名部小学校からむつ市立田名部中学校を経て、同校に進学しています。

 

中学時代までは陸上部に所属して競技に打ち込みましたが、高校では部活動をせずに悶々としていたところ、母親が応募を勧めたそうです。

 

上京後は事務所がホリプロとあって期待されましたが、なかなかオーディションに受からずに不遇の日々を送ります。

 

定時制の高校に通いながら、ファーストフード店や引っ越し会社、工場などでアルバイトしてオーディションを受け続けました。

 

その後はドラマや映画に出演するようになりましたが、運命が大きく変わったのは映画「男たちの大和」のオーディションで角川春樹さんに見初められてから。

 

この映画で多くの新人賞を受賞しましたし、ドラマや映画のオファーも急増します。

 

当初は伸び悩んだ松山さんでしたが、役者の仕事は面白く、他の仕事に就こうとしたことはないと語っています。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

松山ケンイチさんは高校卒業後は、進学せずに俳優の仕事に専念します。

 

20歳の時に出演した「男たちの大和」以降は、順調にキャリアを重ね、今や日本を代表する俳優のひとりとなりました。

 

激しい減量や増量をおこなう徹底した役作りでも知られていますし、役者としての意識もかなり高く、今後の飛躍も期待されます。

 

大人の魅せる肌へ 乾燥肌・敏感肌用美白ケアクリーム【セシュレル】お試し70%offモニター

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ