小林聡美の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

小林聡美(こばやし さとみ)

 

 

1965524日生

身長156

 

東京都出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で、姉と弟がいる。

 

1979年に「3B組金八先生」のオーディションに合格して、

女優デビュー。

 

 

1982年の主演映画「転校生」で映画初出演し、

日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

 

1985年の「キュルトヘンの帽子」で舞台初出演。

 

1988年の「やっぱり猫が好き」でドラマ初主演。

 

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は

「きらきらひかる」や「すいか」、「サボテン・ジャーニー」など。

 

 

「かもめ食堂」や「東京オアシス」、「紙の月」などの

映画にも出演している。

 

私生活では1995年に三谷幸喜と結婚したが、

20115月に離婚した。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 篠崎高校 偏差値43(容易)

 

小林聡美さんの出身校は、都立の共学校の篠崎高校です。

 

葛飾区立高砂中学校から同校に進学しています。

 

小学生の頃は水泳に親しみ、中学校の頃はソフトボール部に

所属するなど、スポーツは好きなようです。

 

中学2年生の時に「金八先生」のオーディションに合格して、

芸能活動を開始し、子役として活動しますがさほど多くの

作品に出演はしていません。

 

しかし高校2年生の時に主演に大抜擢された映画「転校生」が

大ヒットして、アカデミー賞新人賞を受賞するなど、

一躍時の人となります。

 

その後は立て続けにテレビドラマや映画に起用されており、

高校生活の後半は仕事で多忙だったようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:学習院女子大学 国際文化交流学部 偏差値50(普通)

 

小林聡美さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、

芸能活動に専念しています。

 

高校生の頃には既に売れっ子の女優となっていたので、

進学する暇もなかったようです。

 

その後の活躍は周知の通りで、多くのドラマや映画に起用される

ほどの人気女優となっています。

 

そして45歳の時に一念発起して学習院女子大学に社会人入試で

合格して入学、その後は同大の大学院にも進学しています。

 

この年齢で大学に入学し、女優業の傍らで大学院にまで

進学するというのは非常に立派です。

 

未だに高い人気を誇るだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ