大塚耕平の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

大塚耕平(おおつか こうへい)

 

 

1959105日生

 

愛知県出身の政治家、学者

民進党所属の参議院議員

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1983年に日本銀行入行。

 

2000年に日本銀行を退職。

 

2001年の参議院議員選挙に民主党から出馬して初当選。

 

2007年の参議院議員選挙で再選。

 

以降は内閣府副大臣や厚生労働副大臣などを歴任。

 

2013年の参議院議員選挙で3選を果たす。

 

 

2016年の民進党の結党に参加。

 

201710月に民進党の代表に就任。

 

中央大学大学院や早稲田大学の客員教授も務める。

 

妻との間に一男一女がいる。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:愛知県 旭丘高校 偏差値73(超難関)

 

大塚耕平さんの出身校は、県立の共学校の旭丘(あさひがおか)高校です。

 

同校は1870年開学の伝統校で、愛知県内ではトップクラスの進学校

として知られており、東大や京大などの最難関大学に進学する

卒業生もいます。

 

大塚さんは名古屋市立城山中学校から同校に進学しています。

 

高校時代はバレーボール部に所属していました。

 

他にも趣味をスキーとしていたり、スキューバダイビングの

指導員の資格を有していたりと、スポーツは得意なようです。

 

【主な卒業生】

盛田昭夫(ソニー創業者)

河村たかし(名古屋市長)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:早稲田大学 政治経済学部経済学科 偏差値70(超難関)

 

大塚耕平さんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

同大の看板学部の政治経済学部に在籍しており、卒業後は日本銀行に

入行していますから、大学時代も成績優秀だったはずです。

 

41歳の時に日本銀行を退職して参議院議員選挙に出馬すると、

いきなり初当選を果たします。

 

日銀出身だけに経済政策通として知られ、党内でも要職を歴任

してきました。

 

希望の党との合流により解党も予想された民進党ですが、

2017年の衆議院議員選挙後は一転して存続を発表。

 

新たな党代表として大塚さんが選出されました。

 

希望の党や立憲民主党との兼ね合いもあり、難しいかじ取りに

なりそうですが、その手腕にも期待がかかります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ