有森也実の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

有森也実(ありもり なりみ)

 

 

19671210日生

身長162

 

神奈川県出身の女優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの姉で弟がいる。

 

中学3年生の時に、ファッション誌「MC Sister」の専属モデルとなって

芸能界入り。

 

140928_1628

 

1984年の「中卒・東大一直線」でドラマ初出演。

 

1986年の「星空の向こうの国」で映画デビュー。

 

同年の映画「キネマの大地」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

 

1991年のドラマ「東京ラブストーリー」でブレイク。

 

 

1993年の「部屋とYシャツと私」で映画初主演。

 

 

以降は「都合のいい女」や「あすか」、「はぐれ刑事純情派」

などの人気の連続ドラマにレギュラーとして多数出演。

 

「小森生活向上クラブ」や「チーム・バチスタFINAL」、

「いぬむこいり」などの映画にも出演している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:明治大学附属中野高校 定時制 偏差値40(当時)

 

有森也実さんの出身校は、明大中野高校の定時制です。

 

同校の定時制は広く芸能活動を認めていたことから、

2003年に廃止されるまで堀越高校と並んで

多くの芸能人を輩出してきました。

 

有森さんも中学3年生の時にモデルとしてデビューしていたので、

より幅広く芸能活動をするために同校に進学しました。

 

同校ではバスケットボール部に所属しており、運動は得意なようです。

 

また女優の大沢逸美さんとは同級生で、現在でも親友の間柄です。

 

有森さんは高校時代に女優としてデビューしていますが、

当時は役名すらない端役がほとんどでした。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

有森也実さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、

芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した年に映画「キネマの大地」のヒロインに大抜擢されると、

演技も評価されて日本アカデミー賞などの映画賞の新人賞を複数受賞して

知名度も全国区となります。

 

その後はトレンディードラマの出演でブレイクし、

数多くのテレビドラマや映画に出演してきました。

 

主演作こそ少ないですが、貴重なバイプレーヤーとして

多くの作品に花を添えています。

 

未だに根強い人気を誇るだけに、末永い活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ