大地真央の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

 大地真央(だいち まお)

 

 

195625日生

身長166

 

兵庫県出身の女優

本名は多田真裕美(旧姓)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人姉妹の末っ子。

 

1973年に宝塚歌劇団に第59期生として入団しデビュー。

 

デビュー当初から新進の男役スター候補として注目される。

 

 

1974年に「たすきと包丁」でドラマ初出演。

 

1975年に1STシングル「悲しみのアイドル」で

アイドル歌手デビュー。

 

 

1982年にトップ男役となり、娘役のトップの黒木瞳とともに

多くの舞台で主演。

 

 

1983年の「愛の賛歌」でドラマ初主演。

 

1985年に宝塚歌劇団を退団。

 

以降は舞台での活動のほか、「女ねずみ小僧」や

「天国から北に3キロ」などの単発ドラマに主演。

 

 

2003年の「愛の家」で連続ドラマ初主演。

 

以降も「MR.BRAIN」や「とと姉ちゃん」、「ドクターX」などの

人気ドラマに出演。

 

私生活では1990年に松平健と結婚するも2004年に離婚。

 

 

2007年に国際的なインテリアデザイナーの森田恭通と再婚した。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:洲本市立洲本第二小学校

 

出身中学校:洲本市立洲浜中学校

 

大地真央さんは淡路島出身で、小中学校はいずれも

地元の学校に通学しています。

 

なおどちらも公立校のため偏差値はありません。

 

実家は淡路島の大地主で裕福な家庭に育っています。

 

かなり勝気な性格で、小学生の頃はクラスのリーダー格でした。

 

中学生の頃は自ら進んで演劇部を創部するなど、

アクティブな面も見せています。

 

当時は舞妓かバスガイドになりたいと思っていました。

 

学歴~出身高校

 

出身高校:各種学校 宝塚音楽学校 超難関

 

大地真央さんは中学卒業後、宝塚音楽学校に進学しています。

 

同校は15歳から18歳までですが、中学卒業時に一発で合格する

受験者は少なく、かなりの才能の持ち主と評価されたのでしょう。

 

音楽学校卒業後はその才能も開花して、トップ男役に上り詰めます。

 

また歴代の男役の中でも未だに人気は高く、宝塚時代は

多くのファンを魅了しました。

 

宝塚退団後は舞台を中心に活動しており、現在に至るまで

毎年舞台出演をしています。

 

その傍らでドラマや映画にも出演しており、現在までに

数多くの作品に出演。

 

既に年齢は60代に突入していますが、信じられないほどの

若々しさで各方面で活躍しています。

 

未だに絶大な人気を誇りますので、末永い活躍に期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ