三上真史の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

三上真史(みかみ まさし)

 

 

1983620日生

身長177

 

新潟県出身の俳優、タレント

若手男性俳優集団D-BOYSの元メンバー

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2003年の映画「偶然にも最悪な少年」で俳優デビュー。

 

 

2004年の「19Borders」でドラマ初出演。

 

2006年に戦隊ものの「轟轟戦隊ボウケンジャー」の

ボウケンブルー役に起用されて知名度が上昇。

 

 

2007年にD-BOYSのオーディションで準優勝してメンバー入り。

 

同年8月の「アダルトな女たち」で舞台初出演。

 

2009年の「BLUE FILMS」で映画初主演。

 

2011年からEテレの「趣味の園芸」のメインナビゲーターを務め、

「園芸王子」の異名をとる。

 

 

20174月にD-BOYSを脱退。

 

同年5月に一般人女性と結婚した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:新潟南高校 偏差値66 or 69(難関)

 

三上真史さんの出身校は、県立の共学校の新潟南高校です。

 

同校は古くからの進学校として知られ、県内でも新潟高校などと

並んでトップクラスの難関校です。

 

偏差値は普通科が66、理数科が69ですが三上さんがどちらの学科に

在籍したかは不明です。

 

三上さんの高校時代の情報はほとんどありませんが、

結婚相手の女性は高校の1学年したの後輩です。

 

高校卒業後に交際をはじめて、10年間の交際を経て結婚しています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:明治大学 政経学部 偏差値60 or 63(やや難関)

 

三上真史さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

在籍したのは政経学部ですが、政治学科(偏差値63)か

経済学科(同60)のどちらに在籍していたかは不明です。

 

大学時代に俳優デビューしており、それと並行して

インディーズバンド「KPLASTER」のボーカル兼ギター

としても活動し、かなりアクティブな大学時代でした。

 

大学卒業後はいったん俳優を辞めて映画や格闘技関連の

ライターの仕事に就きますが、1年ほどで俳優に復帰しています。

 

以降は若手中堅俳優として多くのドラマや映画に出演。

 

またタレントとしても園芸番組などに出演して、

高い人気を誇っています。

 

俳優としてもまだまだ成長しそうなので、

今後の大きな飛躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ