前野朋哉の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

前野朋哉(まえの ともや)

 

 

1986114日生

身長168

 

岡山県出身の俳優、映画監督

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2005年の映画「剥き出しにっぽん」で俳優デビュー。

 

2007年の「グレートブリテン」で映画初主演。

 

2009年の映画「脚の生えたおたまじゃくし」では、

主演のほか監督と脚本も務める。

 

 

2011年の「BOSS」でテレビドラマ初出演。

 

以降も多くの作品に出演し、「妹の足」や「エミアビのはじまりと

はじまり」などの映画で主演。

 

「恋仲」や「重版出来!」、「わろてんか」などの連続ドラマに

レギュラー出演。

 

2016年に森岡龍とともに漫才コンビ「エミアビ」として

M-1グランプリに出場。

 

 

同年のauCMで注目を集める。

 

 

私生活では2014年に結婚して、長男がいる。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岡山県 倉敷天城高校 偏差値56(中の上)

 

前野朋哉さんの出身校は、県立の共学校の倉敷天城(あまぎ)高校です。

 

同校は1906年創立の伝統校で、近年は進学重視の方針で

東大などの最難関大学に進学する卒業生もいます。

 

前野さんは倉敷市立新田中学校から同校に進学しています。

 

高校時代は美術部に所属しており、インドア派だったようです。

 

前野さんの高校時代の情報はほとんどなく、高校生活の詳細などは

不明です。

 

【主な卒業生】

中西圭三(シンガーソングライター)

山崎夕貴(アナウンサー)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:大阪芸術大学 芸術学部映像学科 偏差値42(容易)

 

出身大学:中央大学 文学部哲学科 偏差値55(中の上)

 

前野朋哉さんは高校卒業後は、大阪芸術大学に進学します。

 

大学1年生の頃から俳優や照明助手として映画製作に関わっており、

20歳の時に「おじいちゃんの日本刀」という作品で映画監督を務めると。

 

大学4年生の時に主演・監督を務めた「GOGOまりこ」は、

ハンブルグ日本映画祭に招待されて、京都国際学生映画祭では

入選するほどでした。

 

同大卒業後は俳優や映画監督として活動しながらも、

中央大学に入学して哲学を学んでいます。

 

現在までにかなり多くの映画やテレビドラマに出演していますが、

2016年に出演したauの三太郎シリーズのCMで知名度も大幅に

上昇しました。

 

俳優としてばかりではなく、映画監督としても

その才能に注目が集まっており、今後が楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ