真野恵里菜の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

真野恵里菜(まの えりな)

 

%e7%9c%9f%e9%87%8e%e6%81%b5%e9%87%8c%e8%8f%9c

 

1991411日生

身長159cm

 

神奈川県出身の歌手、女優

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

中学2年生の時にオーディションに合格し、

ハロプロエッグのメンバーなる。

 

 

2007年からライブに参加し、翌年の6月にインディーズからソロデビュー。

 

同年12月にBSのドラマ「Pocky4Sisters」で女優デビュー。

 

 

2009年にシングル「乙女の祈り」でメジャーデビューを飾ると、

オリコン5位のヒットとなる。

 

 

他にも「はじめての経験」(6位)、「この胸のときめきを」(7位)など

のヒット曲を出すも、2012年を最後に楽曲のリリースをしていない。

 

2010年映画「怪談新耳袋」で主演デビュー。

 

 

20127月にハロプロを卒業することを発表し、翌年の2月に卒業。

 

ハロプロ卒業後は女優活動がメインとなり、数多くのドラマや映画で

キャリアを積む。

 

2015年ごろから女優としても人気に火がつき、映画「リアル鬼ごっこ」で

久々に主演。

 

 

ドラマでも「結婚式の前日に」やNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」などの

話題作に起用される。

 

 

コンスタントに舞台での活動もおこなっており、

1年に1、2本出演している。

 

ハロプロ時代はバラエティー番組にも出演したが、

卒業後はほとんど出演しなくなった。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 日出高校(中退) 芸能コース 偏差値43(容易)

 

真野恵里菜さんの母校は、堀越高校と並び芸能人御用達で知られる

日出高校です。

 

目黒にある抜群のロケーションと芸能活動への理解の高さで、

多くの芸能人を輩出しています。

 

座間市立座間西中学校から同校に進学しています。

 

しかし真野さんは同校を中退しており、卒業していません。

 

彼女がハロプロに入ったのは中学生時代ですし、

高校入学後もかなり忙しかったのでしょう。

 

%e7%9c%9f%e9%87%8e%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1

(中学生時代)

 

松浦亜弥に憧れてアイドルになった真野さんでしたが、

ソロデビュー後はそこそこ売れたものの、すぐにAKBやももクロなどの

アイドルグループのブームが押し寄せて、不遇の時代を過ごすことになります。

 

そして徐々に女優活動へシフトしていくのですが、幸運だったのは

TRICK」などの堤幸彦監督の目に留まったことです。

 

堤監督は真野さんの女優としての資質を見抜いて舞台に起用し、

その後は自身が手掛けたドラマ「SPEC」にも出演させます。

 

当時はさほど女優としての経験は多くありませんでしたが、

この出演をきっかけに徐々に女優としてのオファーも増えていきます。

 

その後はかなり多くの作品に出演し演技力を磨いたこともあって、

今や若手女優とし注目される存在になりました。

 

アイドル時代に苦労したことがようやく実ったようで、

今後のいっそうの飛躍が期待される女優です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ