二階堂ふみの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

二階堂ふみ(にかいどう ふみ)

 

二階堂ふみ

 

1994年9月21日生

身長157㎝

血液型はO型

 

沖縄県出身の女優、モデル、タレント

 

以下では二階堂ふみさんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

12歳の時からファッションモデルとして活動。

 

2007年のテレビドラマ「受験の神様」で女優デビュー。

 

 

高校在学中の2011年に出演した映画「ヒミズ」で、ベネチア国際映画祭の最優秀新人賞を受賞し注目される。

 

 

その後映画「私の男」で2015年エランドール賞新人賞を受賞し、日本アカデミー賞にもノミネート。

 

 

テレビドラマでも「平清盛」「軍師官兵衛」「問題のあるレストラン」「そして、誰もいなくなった」などの話題作に出演。

 

演技力のある若手女優として注目されている。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 八潮高校 偏差値46(容易)

 

 

二階堂ふみさんの出身校は、上京後に入学した都立八潮高校。

 

旧制の第8高女を母体とする伝統校で、合唱部や弓道部が全国的に有名です。

 

二階堂さんは地元の那覇市立神原(かみはら)小学校から、那覇市立神原中学校を経て同校に進学しています。

 

小学校6年生の頃から芸能活動をはじめていますが、中学3年生の時に役所広司さん主演の映画「ガマの油」のヒロインに大抜擢されています。

 

(ガマの油・右は瑛太)

 

中学時代までは地元の沖縄と東京を行き来する生活をしていましたが、より芸能活動を幅広くおこなうために、高校進学のタイミングで上京してこの高校に入学しています。

 

二階堂さんの高校時代から既に一人暮らしをはじめていましたが、金銭的に苦しくて極貧生活をしていたことを告白しています。

 

お金がなかったことから主食が白米ではなく芋で友達が遊びに来る時には入場料と称して米2合を徴収していました。

 

そんな中でも高校2年生の時に出演した映画「ヒミズ」で、海外の映画賞を受賞していることから、コツコツと演技の勉強には励んでいたようです。

 

この映画で注目されることになったので、高校3年生の時は仕事で多忙を極めていました。

 

【主な卒業生】

薬師丸ひろ子(女優)

関根勤(タレント)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:慶応義塾大学 総合政策部 偏差値72(超難関)

 

 

二階堂ふみさんは一年間の浪人生活を経て、AO入試で慶応大学の超難関学部の総合政策部に入学しています。

 

慶応義塾大学は港区の三田に本部がありますが、総合政策学部は神奈川県の藤沢市にキャンパスがあります。

 

二階堂さんは高校時代から大学への進学を希望していましたが、前述のように高校3年生の時は仕事で忙しく、現役での大学進学は諦めています。

 

それでも現場に参考書を持ち込むなど、多忙な撮影スケジュールを縫って受験勉強をして、見事に合格しています。

 

AO入試と言うことを割り引いても、進学校に通っていなかったことや女優活動が多忙を極めたことなどに着目すれば、大したものでしょう。

 

そんなところに彼女の向上心や努力家である一面も窺えますね。

 

女優としてもさらなる成長を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ