若狭勝の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

若狭勝(わかさ まさる)

 

 

1956126日生

 

東京都出身の政治家、弁護士

日本ファーストの会所属の衆議院議員

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1980年に司法試験に合格し、1983年から検事に任官される。

 

司法研修所の教官や東京地検特捜部班長などを歴任し、

2009年に検事を退官して弁護士となる。

 

2013年の参議院選挙に自民党から比例区で出馬するも落選。

 

2014年の衆議院議員選挙でも自民党から比例区で出馬して

初当選を果たす。

 

2016年の東京都知事選挙で、党の方針に従わず小池百合子を

応援して厳重注意処分を受ける。

 

 

201610月の衆議院議員補欠選挙で再び当選を果たす。

 

 

20175月に東京都議会議員選挙において、都民ファーストの会を

支援するために自民党を離党。

 

同年7月に日本ファーストの会の設立の際には代表に就任。

 

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 江北高校 偏差値58(当時・中の上)

 

若狭勝さんの出身高校は、都立の共学校の江北高校です。

 

現在の同校の偏差値は5354程度となっていますが、

若狭さんが在籍時は現在よりもレベルが高く、

難関大学に進学する生徒も少なくありませんでした。

 

足立区内の中学校から同校に進学していますが、

校名などは不明です。

 

若狭さんの高校時代の情報はほとんどありませんが、

父親がタクシー運転手を経て、零細町工場を経営しており、

あまり経済的に恵まれない苦学生だったようにも思えます。

 

【主な卒業生】

堀井新太(俳優)

雛形あきこ(女優・定時制中退)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:中央大学 法学部 偏差値65(難関)

 

若狭勝さんは高校卒業後は、中央大学に進学します。

 

同大の法学部は言わずと知れた看板学部で、これまでも多くの

法曹関係者や政治家、官僚などを輩出しています。

 

若狭さんは在学中に検察官になることを志し、

司法試験も受験。

 

卒業した年の10月に24歳で合格を果たしています。

 

当時の司法試験は合格者が500人前後の「狭き門」の時代

でしたから、かなりの努力を重ねているはずです。

 

検察官となってからは順調にキャリアを重ね、

53歳の時に弁護士に転身します。

 

その後は自民党の国会議員として活動しましたが、

小池百合子さんと接近して日本ファーストの会を結成しました。

 

日本ファーストの会は新たな勢力として注目されているので、

若狭さんの今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ