本田真凛の学歴と経歴|出身小学校中学校や高校の偏差値

 

本田真凛(ほんだ まりん)

 

 

2001821日生

身長161

 

京都府出身のフィギュアスケート選手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの次女(3番目)で、兄と三女の望結、

四女紗来もフィギュアスケートの選手。

 

 

妹の望結と紗来は女優として活動もしている。

 

2歳からスケートをはじめ、2013年に日本スケート連盟の

強化選手にはじめて選ばれる。

 

2014年にアジアフィギュア杯で3位に入賞し、

全日本ジュニア選手権では4位入賞。

 

2015年の世界ジュニア選手権で初選出ながら優勝の快挙を遂げる。

 

 

2017年の世界ジュニア選手権では200点超えをマーク

したものの2位に惜敗。

 

201718年のシーズンにシニア入りを果たした。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:関西大学初等部

 

出身中学校:関西大学中等部 偏差値64

 

本田真凛さんの出身小学校は、私立の共学校の関西大学初等部です。

 

当初は地元である京都の小学校に通学していましたが、

8歳だった20104月に同校の開校とともに編入しています。

 

子どもの頃からスケートに加え、アイスホッケーや水泳、

体操、テニスと様々なスポーツに取り組んできました。

 

関西大学初等部ではフィギュアの名門である関西大学の

スケートリンクを使用することができるので、

入学とともにフィギュアスケート一本に絞っています。

 

中学校も系列の関西大学中等部に内部進学して、

競技も続行し中学2年生の時に世界ジュニア選手権優勝の

快挙を遂げています。

 

(中学生の頃)

 

学歴~出身高校

 

出身高校:関西大学高等部 偏差値66(難関)

 

本田真凛さんが進学したのは、私立の共学校の関西大学高等部です。

 

こちらも系列校なので、内部進学しています。

 

高校に進学直前の世界ジュニア選手権では僅差で連覇を逃しましたが、

ショート、フリーともにパーソナルベストを記録するなど

大きな成長も見られます。

 

高校進学後はシニア入りして世界を転戦することになりますから、

学業との両立なども大変そうです。

 

とは言え、浅田真央選手や村上佳菜子選手ら人気選手が相次いで

引退した女子フィギュア界のスター候補として名前も挙がっています。

 

もちろん東京オリンピックの有力な候補でもありますし、

今後の成長次第では世界的な選手になる可能性も秘めています。

 

素質の高さは折り紙つきなので、大きな飛躍を期待しています。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ