奥田民生の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

奥田民生(おくだ たみお)

 

 

1965512日生

身長171

 

広島県出身のミュージシャン、プロデューサー

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1986年にロックバンド「ユニコーン」にボーカルとして加入。

 

 

バンドはオーディションに合格して、1987年の1STアルバム

BOOM」でメジャーデビュー。

 

1989年の1STシングル「大迷惑」がヒットして、以降も

「働く男」や「すばらしい日々」などをヒットさせるが、

1993年に解散。

 

1994年に1STシングル「愛のために」でソロデビュー。

 

 

1996年にプロデューサーとして手掛けたPUFFYがブレイク。

 

 

以降も浜田雅功や木村カエラのプロデュースも手掛ける。

 

私生活では1995年に結婚し、ふたりの子供がいる。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:広島皆実高校 普通科 偏差値58(中の上)

 

奥田民生さんの出身高校は、県立の共学校の広島皆実

(みなみ)高校です。

 

同校は1901年創立の伝統校で、サッカー部が全国的な強豪として

知られています。

 

奥田さんは広島市立長尾小学校から、広島市立二葉中学校を経て

同校に進学しています。

 

中学時代はテニス部に所属する傍ら、本格的にギターをはじめて

バンドを結成しています。

 

高校ではアーチェリー部に入部すると、県の新人戦で1位になるなど

運動神経はいいようです。

 

また高校時代にアイドルを目指しておニャン子クラブの男子版の

「息っ子クラブ」のオーディションを受けていますが、

二次審査で落選しています。

 

ただし当時からギターの腕前は相当で、プロのミュージシャンを

目指すことを決意しています。

 

【主な卒業生】

吉田拓郎(シンガーソングライター)

森山あすか(お笑いタレント)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:広島電子専門学校(中退) 偏差値なし

※現在は広島会計学院電子専門学校

 

奥田民生さんは高校卒業後は、広島電子専門学校に進学しています。

 

同校はコンピューターや情報処理などを学ぶ専門学校で、

多くのエンジニアなどを輩出しています。

 

専門学校入学後も音楽活動は継続していましたが、

やがてそちらのほうが生活の中心となってしまい、

専門学校は中退しています。

 

21歳の時にユニコーンに加入すると、その後の活躍は目覚ましく

バンドは人気ロックバンドに成長していきます。

 

ユニコーン解散後はソロアーティストとして活動するほか、

プロデューサーとしてもPAFFYを見出すなどの功績を残しています。

 

現在も絶大な人気を誇って精力的に活動していますから、

今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ